外壁塗装は定期的に行おう

家の壁について日ごろ意識することはほどんどありませんが、酸性雨や紫外線を浴び続けていて毎日かなりの負担を強いられているようです。一般的に、外壁塗装の耐久年数は家を建ててから約10年と言われていますが、これはあくまでも目安となるので実際には異なる場合が多いようです。耐久年数をほったらかしにしていると、建物を立て直さないといけなくなることもあるので注意が必要です。また、同じ「塗料」を使っていたとしても耐久年数に差が出てくるようです。それは、家を建てている場所が都会より海側であれば潮風の影響を受けやすいので痛みやすくなり、雨が降りやすい場所や日光を受けやすい場所、寒暖の差が激しい場所であれば耐久の寿命も縮まります。立地条件や環境で耐久年数が変わります。それから、塗装業者のレベルによっても大きく異なります。外壁塗装工事ほど手抜きしやすい工事はないと言われているようなので、それほど塗装業界に悪徳業者が多いです。なので、業者を選ぶ際にも注意が必要です。外液塗装は家の補強や劣化を防ぎ、雨漏りなどの水の侵害を防ぎ家を長持ちさせるのにかかせません。トラブルが起こる前に、外壁補修や塗り替えを行っておく方が修理代などが多くならないでしょう。定期的にしっかりと塗り替えておくことをオススメします。

コンテンツ一覧

外壁塗装は定期的に行おう

家の壁について日ごろ意識することはほどんどありませんが、酸性雨や紫外線を浴び続けていて毎日かな…

外壁塗装は塗る回数が大事

外壁塗装の耐久年数は、塗料によって違います。塗料以外に、塗る回数も外壁塗装では大事な要素です。…