外壁塗装は塗る回数が大事

外壁塗装の耐久年数は、塗料によって違います。塗料以外に、塗る回数も外壁塗装では大事な要素です。通常の外壁塗装の塗る回数は、3回ほどだと言われています。下塗り材を塗った後に、色のついた塗料を2回塗るのが基本です。ですが、質の悪い業者の場合、3回行わなければならない塗りを、2回で済ましてしまう場合があります。塗った後だと、見た目ではわかりずらく見抜くのは難しいのですが、耐久年数はかなり短くなります。見積もりで何回塗ることになっているか、途中で何回塗っているかをしっかり確認するようにしましょう。また、壁の傷みがひどい場合は、通常よりも多く塗る必要がでてきます。さらに壁が傷んでいると、塗料が壁に吸い込まれてしまい、下塗り材がほとんど効果を発揮しなくなります。壁や塗装の劣化も早まってしまうので、下塗り材を多く塗る必要がでてきます。また、熱を遮断してくれる塗料や、汚れが付きにくい塗料などは、4、5回塗りが必要な場合もあります。単純に耐久年数を上げる為に、回数を多くする場合もあり、何回が適正かは家によって違ってきます。塗る回数が多いと、その分料金も必要になってくるため、よく考えて決めるようにしましょう。

コンテンツ一覧

外壁塗装は定期的に行おう

家の壁について日ごろ意識することはほどんどありませんが、酸性雨や紫外線を浴び続けていて毎日かな…

外壁塗装は塗る回数が大事

外壁塗装の耐久年数は、塗料によって違います。塗料以外に、塗る回数も外壁塗装では大事な要素です。…